四条烏丸の『老香港酒家京都』で飲茶ランチ!本格的な香港料理と高級感のある店内は贅沢ランチにオススメ

中華
妻

久しぶりに飲茶が食べたい!

半年ほど前に香港へ旅行してすっかり飲茶の素晴らしさに虜になった僕たちは、初めて京都でも飲茶を食べに行ってみることにしました。

狙いをつけたのが、四条烏丸の南西側にあるCOCON KARASUMA(古今烏丸)にある『老香港酒家京都』(オールドホンコンレストランキョウト)です。

前回食べたのが本場・香港の有名店の飲茶なので、辛口評価になってしまうかも?と思ったのですが、さすが香港人料理長が腕をふるっているだけあって、本格的な香港料理に大満足でした!

ということで、『老香港酒家京都』の飲茶ランチをご紹介します。

スポンサーリンク

四条烏丸の『老香港酒家京都』(オールドホンコンレストランキョウト)

COCON KARASUMAの地下1階にあります

COCON KARASUMAは四条烏丸の交差点の南西にある商業ビルです。

地下鉄烏丸線の四条駅の2番・23番出口から直接繋がっているので、外に出なくてもお店まで行くことができます。

駅近で外に出なくてもいいので、天候に左右されずアクセスしやすいです。

 

お店の前はこんな感じ。

ここはごちゃごちゃしちゃってますが、お店の雰囲気は高級感があります。

メニュー

メニューはこちら。

香港式飲茶コースというのが90分食べ放題で、お店がオススメするメニューです。

今回僕たちが行ったのは金曜日だったので、平日限定のランチがあり、実はこちら目当てなのでした。

平日限定メニューは4つ。

  • 麺飯セットランチ 1,880円
  • シェフのおまかせランチ 1,880円
  • 香港式飲茶ランチ 2,180円
  • 点心付きスペシャルランチ 2,880円

お値段は税・サービス料込です(たぶん20%分?)。

 

ちょっと高いかな?と最初は思ったのですが、例えば香港式飲茶ランチですと税・サービス料を除くと1,800円くらいになります。

それでも平日ランチとしてはお高めの水準ですが、実際に食べてみると、味もサービスも良く、納得感がありました

また、ちょっとお高めだからこそ、お店が適度に空いているので広々として贅沢感があります。

もしこれがあと500円安かったら激混みになると思います。

 

また、今回は”香港式飲茶ランチ”にしたのですが、気になったのが”点心付きスペシャルランチ”にあったチャーシューの土鍋チャーハン

香港には煲仔飯(ボウジャイファン)という、名物の土鍋ご飯があり、めちゃくちゃ美味しかったので、これもボウジャイファンなのか?!と色めき立ちました。

店員さんに聞いてみると「いやボウジャイファンじゃないです、普通のチャーハンを土鍋に入れただけです」とのことで残念。

僕

いや、言い方!

コロナ対策

2020年に猛威をふるっているコロナですが、その影響でホテルのビュッフェなんかは休業しているところも多いです。

その点で飲茶もどうだろう?と思ったのですが、通常営業していました。

よく考えると不特定多数のお客さんが料理を取りに行くビュッフェよりも、マスクや手袋などの対策をした店員さんが飲茶のワゴンを押して回ってくる方が安全ですね。

しかも店内は次亜塩素酸の加湿器で対策しているともおっしゃっており、できる対策はちゃんとしているという安心感がありました。

スポンサーリンク

『老香港酒家京都』の飲茶ランチ

香港式飲茶ランチ

香港式飲茶ランチ 2,180円(税・サービス料込)

こちらのランチは炭水化物を香港麺とピータン粥から選べます。

今回は2人でそれぞれ香港麺とピータン粥を選んで食べてみたのですが、もし迷っているようであればピータン粥をオススメします。

僕

どっちも美味しいけど、お粥の方が絶品!

香港式飲茶ランチの内容はこちら。

  • 前菜
  • 今週の焼きものと揚げ物
  • 今週の点心盛り合わせ
  • 今週の料理
  • ピータン粥 又は 香港麺の汁そば
  • 選べるデザート

食べてる時は気が付かなかったのですが、写真の通り、”今週の焼きものと揚げ物”が来ていませんでした・・・。

妻

普通に満足してしまって気が付かなった!

僕

(泣)

香港式飲茶ランチを食べてみた感想

ということで、残念ながら食べそびれた”今週の焼きものと揚げ物”以外を食べてみた感想をご紹介します。

 

▼前菜

きゅうりのピクルスと、ザーサイ、白きくらげ(?)です。

どれも上品な味付けで、まずはこれから食べたのですが、ランチ全体の完成度の高さを確信しました。

それほど前菜から本場感・高級感のある美味しさです。

 

▼今週の点心盛り合わせ

上がフカヒレ、右の黄色のものがエビと野菜、下が豚肉、左の緑色のものがニラの水餃子です。

真ん中はとびこシュウマイです。

中の餡は適当に詰めているのではなく、具材の量(エビが何個、ニラが何枚)をしっかり決めて包んでいると思います。

どれも完璧なバランスで、非常に丁寧に作ってあることが分かります。

本場・香港に負けず劣らず美味しい点心でした。

 

▼今週の料理(腸粉)

腸粉は、米で作った皮を巻いたもので、香港では屋台スナックみたいな感じで売っていて食べたことがあります。

それと比べると、かなり高級な腸粉で、タレも上品です。

中に豚肉が巻かれていたのですが、ちょっと脂っこいのが個人的にはマイナスポイントでした。

僕

お茶に合うといえば合うのだが・・・

 

▼ピータン粥

ピータンとパクチーは別皿ですので、苦手な方でも気にせずオーダーしてください。

僕たちはピータンもパクチーも好きなので、正直もうちょっとボリュームが欲しいと思いました。

お粥の方はいわゆる広東粥で、かなりねっとりした糊状のお粥です。

香港でも食べてきましたが、本場同様の食感と味なので、ピータン粥にして良かったと思いました。

 

▼選べるデザート

デザートは

  • グレープフルーツ入りマンゴーミルク
  • タピオカ入りココナッツミルク
  • アロエ入りナタデココ

の3つから選べました。

上の写真はアロエ入りナタデココでスッキリした美味しさでした。

 

こちらはタピオカ入りココナッツミルク。

台湾などでは温かい場合が多いですが、ここのは冷たいものでした。

妻

甘さがちょうどいい!

ということで、”今週の焼きものと揚げ物”が来ていなかったのに気が付かないほどの満足感でした。

ちなみに飲茶ランチというだけあって中国茶はお代わりできますので、がぶ飲みしつつ飲茶を食べると良いですよ!

総論:ちょっと高いけど、それに見合う美味しさ!

総論としての感想は、本場・香港に負けず劣らずの美味しい飲茶ランチでした。

ちょっとお高めのランチになるのですが、その分、丁寧な仕事をほどこされた美味しい点心を食べられるのと、店内が混みすぎず空きすぎず丁度いいお客さんの入り具合になっているのが良かったです。

ちょっと贅沢な平日ランチとしてオススメします。

アクセスも良いので、家族や友人が京都を訪ねてきたときにも良いかもしれませんね。

僕

京都で飲茶を食べたいとは思わないかもしれないですが、京都らしいお店は高いだけで美味しくないので・・・

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:〒600-8411 京都府京都市下京区 四条下る水銀屋町620番地 COCON烏丸B1

営業時間:11:30~15:30、17:00~22:00(無休・COCON KARASUMAの休館日に準ずる)

地下鉄烏丸線の四条駅からすぐです。

2番・23番出口からは地下で繋がっているので外に出なくても入店できます。

Webサイト

公式サイト:http://oldhongkong-kyoto.net/

COCON KARASUMAフロアマップ:http://www.coconkarasuma.com/floor/

駐車場

駐車場はありません。

近隣のコインパーキングを利用してください。

中華
スポンサーリンク
シェアする
京都ストーリー