【左京区税務署】確定申告シーズンの混雑具合や駐車場は?

左京区税務署 駐車場 手続き

今年もやってきました確定申告シーズン。

混雑しているだろうなとは思いつつも、駐車場があるという左京区税務署に車で行って確定申告を提出してきました。

どれくらい混雑しているのか?駐車場はどんな感じなのか?についてご紹介します。

スポンサーリンク

左京区税務署の確定申告シーズンの混雑具合は?

確定申告の作成・提出方法

確定申告を作成するには、次の3つの方法があります。

  • 紙の用紙に1から手書きする
  • 国税庁の確定申告書等作成コーナーを利用して紙に印刷する
  • 国税庁の確定申告書等作成コーナーを利用して電子ファイルを作成する

僕はここ数年はずっと2番目の方法で確定申告を作成しています。

国税庁の確定申告書等作成コーナーは結構よく出来ていて、とても分かりやすくて簡単です。

慣れたこともあると思いますが、今年は、自分と妻の2人分を作成するのに30分もかかりませんでした。その後にコンビニに行って印刷したり、コピーしたりする作業の方がよっぽど時間がかかります。

 

確定申告を提出するには、次の2つの方法があります。

  • 税務署に郵送する
  • 税務署に直接持っていく

僕はここ数年はずっと郵送していました。最初は律儀に簡易書留(到着を追跡できる)で郵送していたのですが、料金がバカらしくなって最近は普通郵便にしています。

しかし、今年は京都で初めての確定申告ということもあり、郵送するより車で持っていった方が楽だし安いのでは?と思ったので、提出先である左京区税務署へ直接持っていくことにしました。

3/6午前中の左京区税務署の混雑具合

左京区税務署 確定申告

左京区税務署は平安神宮の後ろ側にあります。

確定申告シーズン真っ只中の3月6日の午前10時頃に行ってみました。

駐車場はやはり満車で、道路に行列ができていました。と言っても5台待ち程度と思ったより普通でした。

行列は西から東の方向(税務署は左手)で、手前の交差点「聖護院山王町」まで続いていました。交差点内は駐停車禁止ですので、交差点の手前に並びました。

税務署の係員の方が、1台ずつ確認・説明を行い、誘導もしっかりと行っていて好印象でした。

 

駐車場の回転具合は何とも言えませんが、僕が並んだときは5台待ちは30分で終わり、駐車場に入れることができました。

帰るときも同じくらい列ができていましたので、3/6午前中の混雑具合は、駐車場に入れるまで約30分待ちといったところだと思われます。

スポンサーリンク

左京区税務署の駐車場は?

駐車場の広さ

左京区税務署 駐車場

左京区税務署の駐車場は通常は10台ほどのスペースであるようです。

確定申告シーズンは上記のように混み合って道路に行列ができることから、普段よりはスペースを詰めて使っているようで、この日は15台が駐車できていました。

駐車場を挟んだ裏側の建物が、確定申告の作成会場となっており、ここで1から紙に記入して作成しています。

その場合かなり長くなりそうですので、駐車場の回転はかなり悪いことが予想されます。

15台駐車できていて5台入れ代わるのに30分でしたので、1台あたり1時間半くらいですかね?

路駐もあり

駐車場に入る列に並んでいたのですが、先頭まで行くと、それより前(税務署の真ん前)に路駐している車も数台ありました。

完全に降りてしまっている車もあれば、運転手を残して助手席から降りていく人も多いです。

この道は片側2車線(計4車線)で割と広いので、路駐しても問題はなさそうです。

 

提出だけなら数分で終わりますので、提出のみの人は路駐して税務署に入っていき、すぐに出ていくという感じになっていました。

提出のみで駐車場に入れる人は少数派だったようです。

僕も提出のみでしたので、駐車場に入れなくても路駐で良かったなと思いました。

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:〒606-8555 京都府京都市左京区聖護院円頓美町18

営業時間:8:30~17:00(土日定休)

最寄駅は京阪電鉄鴨東線の神宮丸太町駅で徒歩11分です。地下鉄東西線の東山駅からは徒歩14分です。

電車的にはたいしてアクセスの良い場所ではありませんし、こんな観光地のど真ん中にあるくらいなら、もっと田舎の方で広い駐車場付きの税務署にしてほしいものです。

Webサイト

左京区税務署:https://www.nta.go.jp/about/organization/osaka/location/kyoto/sakyo/index.htm

駐車場

駐車場は10台ほどですが、確定申告シーズンは詰めて15台停められます。

午前中から満車ですので、時間に余裕をもって行った方が良いかと思います。

手続き
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
京都ストーリー