北白川の台湾料理『六花』はかなり日本ナイズされた和風中華屋さん

六花 北白川 台湾料理 アジア料理

このサイトよりも先に作ったのが「台北ストーリー」である僕たちは、台湾好きなので、国内でもたまに台湾料理を食べに行ってみたくなります。

妻

北白川の『六花』美味しいらしいよ?

と、妻が情報を仕入れてきたので早速行ってみることにしました。

結論から言うと、ここは台湾料理というよりは日本ナイズされた和風中華に分類されると思います。

ということで、北白川の台湾料理『六花』をご紹介します。

スポンサーリンク

北白川の台湾料理『六花』

読み方は”ろっか”ではなく”りっか”

六花 北白川 台湾料理

てっきり六花と書いて”ろっか”と読むのかと思っていたのですが、公式Webサイトを見るとどうやら”りっか”と読むのが正しいようです。

ここ北白川のお店が1号店で、三条烏丸にある『媽媽菜館 六花』が2号店です。

1号店が人気となって都心部に2号店を出したということなので、期待を高めて行ってみました。

京都造形芸術大学の目の前

六花 北白川 台湾料理

最寄は茶山駅で、京都造形芸術大学の目の前にあります。

場所的にも価格的にも、夜なのに麺丼定食などの定食メニューが多いこともあり、学生向けの定食屋という印象を受けました。

と言っても台湾料理を掲げているだけあって女性客が多いようでした。

メニュー

六花 北白川 台湾料理

台湾料理!という頭でメニューを開いて、正直「え?」と思いました。

いちばん上にあるのが”台湾ラーメン”です。

これはご存知の方も多いと思いますが、“台湾ラーメン”とは台湾にある料理ではなく、名古屋発祥の料理です。

その下も、えびワンタン麺、天津麺と台湾料理っぽくないものが並びます。

かろうじて牛肉麺と魯肉飯だけ台湾料理っぽいです。

僕

あれ・・・?台湾料理屋さんじゃないっぽい?

ということで、頭を切り替えて、和風中華屋さんとして注文してみました。

スポンサーリンク

『六花』の台湾料理を食べてみた感想

アラカルトメニューから

六花 北白川 台湾料理

ピータン豆腐 480円

まずは前菜にピータン豆腐ですが、これはおそらく写真を見てみなさんがイメージする通りの味です。

不味いわけでも、想像を超えてくるわけでもありません。

ただ、豆腐がスーパーの安物のやつな感じで、ちょっと残念です。

 

六花 北白川 台湾料理

トンポーロー 880円

トンポーローは皮付き、豚の角煮は皮なしの違いがあるはずですが、これは皮が付いているのかいないのか・・・ちょっと分かりませんでした。

おそらく普通に豚の角煮なんだと思います。

ホロホロと柔らかで、味は美味しかったです。

麺丼定食メニューから

六花 北白川 台湾料理

えびワンタン麺+魯肉飯 860円(税込)

お店の前にある看板でも押していたのでえぶワンタン麺にしてみました。

台湾っぽさを残すために魯肉飯をセットしました。

 

えびワンタンは良くも悪くも普通です。

麺はよくある中華麺で、えびワンタンも手作りなのかどうかよく分かりませんでした。

ピータン豆腐もそうなのですが、どこかその辺のスーパーで買ってきたものを料理しているだけという普通の家庭料理感が拭えません。

 

魯肉飯については、肉味噌ごはんと呼ぶ方がしっくりきます。

不味いと言っている訳ではなくて、普通に美味しいのですが、これは魯肉飯ではないでしょうということです。

やはりここは台湾料理という看板なのはちょっとイメージ違いになってしまうと思います。

台湾料理ではなく、和風中華の定食

『六花』は台湾フードバルと自称していますが、実際に行ってみた感想としては、台湾料理ではなく、和風中華の定食屋さんだと思いました。

大学前という立地もあって、安くてボリュームもあるので定食屋さんとしては一定の需要があるのは分かります。

ただし、台湾料理を求めて『六花』へ行くということはオススメできません

妻

あくまで和風中華の定食屋さんだと思って行ってみてね!

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:〒606-8252 京都府京都市左京区北白川上終町

営業時間:11:30~22:00(月曜定休)

叡山電鉄叡山本線の茶山駅から徒歩10分で、京都造形芸術大学の目の前にあります。

Webサイト

公式Webサイト:https://foodplace.jp/ricca/

メニューの掲載もあるのですが、作りかけ(?)なのか中途半端です。

駐車場

駐車場はありません。

周辺はコインパーキングが豊富ですので、停めるのに困ることはないと思います。

料金相場は40分200円程度です。