河原町の『鼎泰豊 京都店』で台湾ランチ!日本アレンジで中途半端に感じるかも

中華

これまで3回ほど台湾に行っている僕たちは、今回初めて日本の鼎泰豊に来ましたが、台湾っぽさと日本っぽさが混在しているなあと思いました。

良い意味では日本人好みにアレンジされていると言えますし、悪い意味では本格的な台湾料理からは程遠い中途半端になっているとも言えます。

高島屋にありますし、お値段高めですし、ターゲット年齢層が上の方だからかと思います。

ということで、『鼎泰豊 京都店』についてご紹介します。

スポンサーリンク

『鼎泰豊 京都店』

高島屋の3Fにあります

てっきり上の方のレストランフロアだろうと思ってエスカレーターを登っていたのですが、まさかの3Fで驚きました。

高島屋的にはレストランではなくて軽食(飲茶)というくくりらしい?

 

3Fのレディースファッションフロアを抜けて、たどり着きました『鼎泰豊 京都店』です。

高島屋の中にあるだけあってちょっとお高めなので、お客さんの年齢層もお高めかも。

メニュー

金曜日のランチで行ったときに出てきたメニューなので、ランチメニューのセットかな?と思っていたのですが、改めてネットで調べてもセットメニュー(おすすめセット)とだけ書いてあったのでランチメニューではないのかも。

ただ、下の方のランチ小籠包、ランチドリンク、ランチスイーツはその名の通りランチ限定っぽいですね。

ランチスイーツは安くてお得です。

スポンサーリンク

『鼎泰豊』の台湾料理を食べた感想

牛肉麵セット

まずは小籠包。

熱すぎず、ぬるくない、丁度いい温度で持ってきてくれました。

台湾や上海の安物小籠包とは違って、肉の臭みもなく、高級感のある美味しい小籠包です。

たぶん国産(日本産)のお肉を使っているのだと思うので、日本人には違和感なく食べられます。

 

セットの牛肉麵。

台湾で食べた牛肉麵はスジ肉みたいなのが多かったのですが、ここは牛バラの角煮みたいな感じなので違和感ありまくりなのですが、普通に美味しいです。

スープはかなり台湾っぽいお味。

エビ入りチャーハン

エビ入りチャーハン 1,100円

こちらも台湾っぽいあっさり味のチャーハンです。

チャーハンというよりピラフに近いです。

日本人の思うチャーハン(王将とかのやつ)ではないので、日本人にはそんなにウケないと思います。

妻

わたしは好き!

酸辣湯

酸辣湯 770円

個人的に大好きなスープで台湾にしばらく滞在していたときも色々な酸辣湯を食べていました。

ここのはごく普通。可もなく不可もなく、当たり障りなくという感じです。

僕

お酢をめちゃくちゃ足したら美味しくなった!

ランチデザート

愛玉ゼリー 200円

さっぱりレモン味のゼリーです。

愛玉子自体に味はあんまりないのと、レモンが効きすぎで、ほぼレモンゼリーですね。

 

千草ゼリー 200円

台湾でおなじみの千草ゼリーですが、きなこがかかっているのは見たことがないので、日本オリジナルかも?

クセがあるので、台湾で食べて好きだという方か、チャレンジしたい方向けです。

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:〒600-8001 京都府京都市下京区真町52 髙島屋京都店 3F

営業時間:10:30~20:00(無休)

阪急京都線の京都河原町駅から徒歩2分です。

Webサイト

公式サイト:http://d.rt-c.co.jp/kyoto/

高島屋のショップ案内サイト:https://www.takashimaya.co.jp/kyoto/restaurant/cafe/07.html

駐車場

高島屋の駐車場を利用する場合、5,000円以上お買い上げで2時間無料、50,000円以上お買い上げで3時間無料となります。

詳しくは高島屋のWebサイトでご確認ください:https://www.takashimaya.co.jp/kyoto/access/

中華
スポンサーリンク
シェアする
京都ストーリー