日本最古のお菓子『清浄歓喜団』を食べてみた感想!固さや匂いや味は?

清浄歓喜団 亀屋清永 和菓子

フジテレビ系の「林修のニッポンドリル」という番組を見ていたところ、京都特集をしており、日本最古のお菓子『清浄歓喜団』が紹介されていました。

奈良時代から製造方法は変わらず、7種類のお香が練り込まれており、かなり固い等、なんとも不思議なお菓子です。

テレビを見て気になっていた妻ですが、京都高島屋に来るなり、

妻

ここには『清浄歓喜団』があるはず・・・

と探し出して購入し、実際に食べてみたのでご紹介します。

スポンサーリンク

日本最古のお菓子『清浄歓喜団』とは?

老舗和菓子屋「亀屋清永」で製造・販売

京都祇園で1617年に創業した「亀屋清永」は、創業400年を超えています。

延暦寺や知恩院、八坂神社などなど、多くのお寺や神社も御用達にする京都を代表する老舗和菓子屋の1つになっています。

企業理念(家訓)の1番目として大切にしていることが「先祖代々が守ってきた業の継承と繁栄」であり、その1つが奈良時代から受け継がれている清浄歓喜団の製造・販売です。

清浄歓喜団(せいじょうかんきだん)とは?

奈良時代に伝わった唐菓子の一種であり、1,000年以上もの間、姿形をそのままにするお菓子です。「亀屋清永」が日本で唯一製造・販売しています。

清めの意味を持つ7種類のお香を練り込んだこし餡が中に入っており、外側は米粉と小麦粉で作った生地を袋型にしています。

京都高島屋店でも販売あり

「亀屋清永」は、

  • 本店(祇園)
  • 京都高島屋店
  • 京都伊勢丹店

の3店舗のみであり、今回は、京都高島屋店で『清浄歓喜団』を購入しました。

京都高島屋のB1(デパ地下)にある店舗はあまり広くはなく、店員さんが1人で和菓子を販売しています。

僕たちが見た「林修のニッポンドリル」という番組で紹介されたことも、カウンター上のポップに記載されていました。

結構お高い

京都高島屋のデパ地下で見つけた『清浄歓喜団』ですが、思いのほか高くてびっくり

簡易包装で500円、箱入りで550円でした。

↓こちらが簡易包装。

清浄歓喜団 亀屋清永

京都に3店舗しかない「亀屋清永」が日本で唯一製造・販売しており、そんなに数が売れるお菓子でもないでしょうから、これくらいの値段がするのも仕方ないのかもしれません。

定期的に買うお菓子というよりは、興味本位で1個買ってみるとか、お供えやお土産にするようなものですしね。

実はお取り寄せでも買える

京都に3店舗しかない「亀屋清永」ですが、東京では新宿タカシマヤの「銘菓百選」で買えたり、はたまた日本全国でも亀屋清永へ電話・FAXすることで買うことができます。

亀屋清永の商品紹介ページはこちら

僕

京都で買うありがたみはあまり無い・・・?

スポンサーリンク

『清浄歓喜団』を実食レビュー!

外側はかりんとう

清浄歓喜団 亀屋清永

台湾で買った中国っぽい皿に『清浄歓喜団』を乗せてみました。

外側は米粉と小麦粉の生地をごま油であげているので、かりんとうみたいな感じです。ちょっと『清浄歓喜団』の方が油っこいかも。

めちゃくちゃ固いのかと思って恐る恐る食べてみたのですが、これまたかりんとうくらいの固さなので、歯がやられるようなレベルではありません。

中には7種類のお香が練り込まれた餡があり・・・。

『清浄歓喜団』を食べてみた感想

怖いもの見たさ(食べたさ)で、ちょっとずつ食べた感想戦です!

僕

外側はかりんとうっぽいし、中はこし餡だし、かりんとう饅頭みたいな感じだ。

妻

うわーーー、線香食べてるみたい!

僕

え、そんなに?
固い方の八つ橋のニッキ味くらいじゃない?

妻

いやそんなレベルじゃないでしょ!

お香の匂いに鈍感な僕と、敏感な妻でした・・・。

めちゃくちゃダメな人もいれば、案外ふつーじゃんと食べてしまう人もいると思いますが、ネタとしてお土産には良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:〒600-8001 京都府京都市下京区 四条通河原町西入真町52番地

営業時間:8:30~17:00(水曜定休)

河原町駅から徒歩2分です。高島屋のデパ地下(B1F)の和菓子コーナーにあります。

WEBサイト

亀屋清永Webサイト:http://www.kameyakiyonaga.co.jp/

京都高島屋B1フロアガイド:https://www.takashimaya.co.jp/kyoto/floor/fb1.html

駐車場

京都高島屋の駐車場を利用できます。

5,000円以上の買い物で2時間無料となります。

詳しくは京都高島屋のWebサイトでご確認ください。

和菓子
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
京都ストーリー