大丸京都店のデパ地下で生和菓子は『仙太郎』だけ

仙太郎 京都大丸 和菓子

東京でもデパ地下でお馴染みの和菓子屋『仙太郎』ですが、仙太郎の「仙」の字から勝手に仙台のお店なのかと思い込んでいました。

京都に来てから、実は京都に本店のある和菓子屋だと知りました。

四条・烏丸にある大丸京都店のデパ地下にも『仙太郎』が入っており、生和菓子を買うならココです。

スポンサーリンク

『仙太郎』京都大丸店

生和菓子はココだけ!

和菓子好きの僕たちですので、大丸京都店のデパ地下もぐるっと回ってみたのですが、生和菓子を販売しているのは『仙太郎』だけでした。

他の和菓子屋はお土産用の日持ちのする和菓子ばかりです。

ということで、大丸京都店で生和菓子を買うなら『仙太郎』がオススメ!というか、『仙太郎』しかありません。

ちなみに洋菓子であれば『アンテノール』がオススメです。

▼アンテノールについて詳しくはコチラ

大丸京都のデパ地下ケーキは『アンテノール』が人気ナンバーワン
何度か大丸京都のデパ地下に行き、お客さんの行列を観察してみたのですが、人気ナンバーワンは『アンテノール』のようです。ということで、大丸京都のデパ地下のケーキでおすすめしたい『アンテノール』をご紹介します。大丸京都のデパ地下ケーキ...

店舗の様子

仙太郎 京都大丸

地下鉄に直結している出入口(四条西入口)から大丸京都店に入り、真っ直ぐ行くと左手にある『仙太郎』です。

向かい側(右手)はヴィタメールという洋菓子(ケーキ)屋です。

仙太郎のショーケースには和菓子がずらっと並んでおり、行列ができていると選びにくいですが、隙間から覗いて何を買おうか悩みます。

メニュー

定番商品と季節商品と店舗限定商品があり、仙太郎のWEBサイトでも紹介されていますので、事前に選んでいくとスムーズです。

定番商品としては、ぼた餅が看板メニューです。その他に、ご存じ最中、本わらび餅、どら焼き、六方焼、羊羹などがあります。

店舗限定商品は大丸京都店のみで販売されているもので、みたらしかしこまる、黒糖どらなどがあります。

季節商品は季節ごとに変わります。

栗やさつまいもを使った商品が多いです。

何と言ってもイチオシは渋栗むしです。

その他、金時いも大福、やきいも(というお菓子)、こぐり(というお菓子)、栗羊羹などがあります。

スポンサーリンク

『仙太郎』の生和菓子をご紹介

渋栗むしとぼた餅

仙太郎 京都大丸

秋のとある日に『仙太郎』京都大丸店を訪れると、栗の季節でした。

包み紙にも栗!

と思いきや、粟(あわ)でした・・・。

 

仙太郎 京都大丸

ということで、渋栗むしとぼた餅を買いました。秋の商品としては、定番中の定番です。

渋栗むしは写真で分かるように、栗がゴロゴロ入っています。この惜しげもない感じが良いですね~。

僕

栗うまー

妻

ぼた餅のシソ味。前から気になってた

僕

シソ味・・・確かにシソを感じる!

妻

これはこれで美味しいけど、普通のぼた餅でも良かったなあ

ぼた餅のシソ味は一度食べてみてもいいかも。なんというかイメージ通りの味です。

シソのおかげで食が進むのですが、そもそもぼた餅好きであれば、シソの力を借りる必要は無いように思いました・・・。

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:京都府京都市下京区四条高倉西入立売西町79 大丸京都店

営業時間:10:00~20:00(定休日は1/1のみ/大丸京都店に準ずる)

阪急烏丸駅から徒歩3分、地下鉄烏丸線四条駅から徒歩5分です。地下で直結していますので、地下鉄で行くのが便利です。

Webサイト

Webサイト:https://www.sentaro.co.jp/shop/daimaru_kyoto.html

店舗限定や季節の商品が紹介されています。

駐車場

大丸京都店には直営駐車場が2つあります。

四条高倉駐車場と大丸東洞院駐車場です。

1時間600円、30分毎に300円となっており、5,000円以上の買い物をすると2時間無料です。

大丸京都店のアクセスについてはこちらをご確認ください。