『笹屋伊織』のどら焼きが東福寺で特別販売していた

笹屋伊織 どら焼き 東福寺 和菓子

『笹屋伊織』のどら焼きといえば、毎月20~22日の3日間しか販売しないというレアさが有名です。

それが、東福寺へ紅葉を見に行った12月1日、特別販売ということで販売されていました。

妻

あっ!これ食べてみたかったやつだ!

僕

3日間限定販売のはずが、特別販売で今日は売ってます!

っておかしくない?!?!?

疑問を感じつつも、有名な『笹屋伊織』のどら焼きを買ってみたので食レポしたいと思います。

スポンサーリンク

『笹屋伊織』のどら焼き

毎月3日間の限定販売

笹屋伊織 どら焼き 東福寺

『笹屋伊織』のどら焼きといえば、毎月3日間しか販売しないということで有名です。

(昔は)手間ひまがかかり大量に作ることができないため、毎月21日のみ販売していました。

それが1975年から期間を3日間に延ばして、毎月20~22日に販売しています。

現代のオンラインショップでも毎月15日を締め切りに予約を受け付けて、19~21日に発送=20~22日に届くようにしている徹底っぷりです。

東福寺では特別販売していた

東福寺 どら焼き

東福寺境内で『笹屋伊織』のどら焼きを販売していました。

この日は12月1日。毎月3日間の販売日ではありません。

店員さんも「毎月3日間しか販売していないどら焼きを特別販売しています~」とのこと。

僕

ありがたいような、ありがたくないような・・・。

これがどら焼き?!という形

笹屋伊織 どら焼き 東福寺

そして、3日間の限定販売だけでなく、その形も有名です。

普通のどら焼きを想像しても全く違います。

細長い円柱状になって竹の皮に包まれており、竹の皮ごと輪切りにして頂くというもの。

僕

もはや、どら焼きって名前じゃなくて良いのでは・・・

温めて食べる

笹屋伊織 どら焼き 東福寺

『笹屋伊織』のどら焼きは常温でも食べられますが、美味しい食べ方が紹介されています。

  • 温める(電子レンジや蒸し器)
  • 焼く(オーブントースターやフライパン)
  • 揚げる(天ぷら)
  • 冷やす(ワインやウイスキーに合う)

もはやこれがどら焼きとは思えなくなってきました。

スポンサーリンク

『笹屋伊織』のどら焼きを食べてみた感想

東福寺で購入した『笹屋伊織』のどら焼きを持ち帰り、実食です!

ちなみにお値段は1本1,620円。2人で3食分くらいでした。ちょっとお高めかな・・・。

常温で食べてみた

笹屋伊織 どら焼き 東福寺

一見、ほんとうに切れるの?と思いましたが、包丁で普通に輪切りにすることができました。

まずは常温で食べてみた感想です。

妻

皮?のところがモチモチ

僕

美味い!どら焼きでは無いな・・・

レンジで温めて食べてみた

笹屋伊織 どら焼き 東福寺

皿に載せ、軽くラップをしてレンジで温めました。

妻

モチモチ感が増した!

僕

温めた方が美味いじゃん!

常温よりも温めたほうが美味しいということで意見は一致。

その後は毎回レンチンで温めてから食べました。

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

笹屋伊織

本店はココです。

住所:〒600-8831 京都府京都市下京区花畑町 七条通大宮西入花畑町86

営業時間:9:00~17:00(火曜日定休)

本店は下京区にあります。その他、大丸京都やJR京都伊勢丹などでも購入可能です。

東福寺に出店

住所:〒605-0981 京都府京都市東山区本町15−778

紅葉の季節限定と思われますが、東福寺境内に出店していました。

Webサイト

笹屋伊織のWebサイト:https://www.sasayaiori.com/

笹屋伊織のどら焼きのWebサイト:https://www.sasayaiori.com/dorayaki/

和菓子
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
京都ストーリー