河原町の『鯛寿司』はこれぞ江戸前というファーストフード寿司!

河原町 鯛寿司 寿司

四条河原町という京都の中心部にありながら、どこか懐かしいアットホームな感じの庶民的なお寿司屋さん『鯛寿司』に行ってきました。

おまかせ8貫にぎり2,000円が看板メニューなのですが、良いネタの割に安いと思います。

握りのスピードがめちゃくちゃ早くてビックリしたのですが、これが本当のファーストフードたる江戸前寿司だな~と職人芸に感動しました。

ということで、『鯛寿司』の雰囲気や、コスパが良い理由、おすすめメニューについてご紹介します!

スポンサーリンク

河原町にありながらアットホームな雰囲気

四条河原町交差点から細い路地へ

河原町 鯛寿司

鯛寿司の前から河原町通りの方向に撮った写真です。

奥に見えている高いビルは河原町オーパです。

ここからは見えませんが、寿司の中でジャンル違いとなる京都寿司の『ひさご寿司』も近くにあります。

 

『鯛寿司』の店前とのれんです。

河原町 鯛寿司

鯛には・・・見えない謎の魚が描かれたのれんです。

小さいメニュー看板があり、

  • にぎりずし 2,000円
  • ビール、酒、焼酎 500円

と書いてあります。

コの字カウンターと掘りごたつ

店内に入ると、靴を下駄箱に入れて掘りごたつのカウンターに座ります。

カウンターはコの字になっており、というか正確にいうと”コ”の逆で”匚”の形で、開いている右側の部分が厨房となっていて、3人の店員さんがいらっしゃいます。

この3人は、先代(お父さん)、当代(息子さん)、奥さん(息子さんの)であるそうです。

初めて行った我々ですが、お三方とも柔らかい雰囲気で接客してくださり、とてもアットホームな印象を感じました。

外国語メニューあり

場所柄もあって外国人もたくさん来店するそうで、英語で書かれたメニューも用意されていました。

ただし、お三方ともほとんど英語も話せないようなので、外国人がコミュニケーションを取るのはかなり難しいと思われます。

身振り手振りで、おまかせ握りで良いかと確認して、8貫ささっと握って提供します。

1人で訪れた外国人は寂しいかもしれませんが、2人以上であれば特に問題ないと思います。

スポンサーリンク

『鯛寿司』のファーストフード江戸前寿司

おまかせ握り

河原町 鯛寿司

おまかせ握り8貫 2000円

最初のイカは食べてしまったのですが、その後からの5貫が上の写真です。

左から、車海老、タコ、タイ、カンパチ、マグロ。

実はこれ注文してから1分くらいしか経っていない状態です。

とにかく握りのスピードが早い!これぞファーストフード!と職人芸に感動しました。

これだけの握りのスピードで提供されると、日本人もそうですが、特に外国人は物珍しさで楽しいんじゃないでしょうか。

ただし、車海老が倒れていることから分かるように、良く言えば早業の職人芸、悪く言えば雑です。

 

残り2つは軍艦で、これも注文してから3分くらいしか経っていないと思います。

河原町 鯛寿司

うにといくら。(タコは上の写真からの残りです)

いくらがこぼれ落ちているあたりがまた雑なのですが、どちらもネタは美味しいです。

僕はうにもいくらも得意ではない方ですが、これは美味しく頂けました。

良いネタを安く提供できる理由

実は失礼ながら、2,000円という価格だから、そこまで良いネタではないだろうと高をくくっていました。

僕

ゴメンナサイ!

それが、思いの外、めちゃくちゃ良いネタで美味しかったので驚きました。

特に、マグロ(中トロかな?)、うに、いくらについては、安物だと露骨に美味しくない思いをした方も多いと思いますが、『鯛寿司』のこれらは、本当に良いネタで美味しかったです。

 

それでいて、2,000円という低価格なので、場所も考えると相当にコスパは良いです。

なぜだろう・・・?と考えたのですが、おそらく、ネタを極端に絞り込んでいるからこそ為せる技だと思います。

 

他の方が『鯛寿司』に行っているブログを見てみたのですが、おまかせ握り8貫のネタはほとんど同じなんです。

普通は”おまかせ”と聞くと、旬のネタを盛り込むから行く時々によって変わるというような印象だと思います。

しかし、『鯛寿司』の”おまかせ”はいつも同じなんです。

寿司ネタのケースの中も、おまかせ握り8貫に使ったネタ以外は、ほとんど入っていません。

つまり、おまかせ握り8貫のネタを絞り込むことによって、良いネタを継続的に仕入れてコストダウンを図っているということだと思います。

おまかせ握り以外のおすすめメニュー「ねぎま汁」

河原町 鯛寿司 ねぎま汁

ねぎま汁 650円くらい?(端数切り捨てのようで正確な値段が不明でした。)

最後に、おまかせ握り8貫以外のおすすめメニューをご紹介します。

それがねぎま汁。

妻

ねぎまって焼き鳥のやつ?

僕

いやいや、ねぎまって元々はネギ+マグロだから。

 

このねぎま汁は土鍋を火にかけて作ってくれるので、まずめちゃくちゃ熱いです。

普通に食べると口の中を100%ヤケドするので注意してくださいね。

で、ねぎまという割に、ほとんどが九条ネギで、マグロは1ブロックだけなので、最初はちょっとがっかりしました。

でも食べ続けているうちに、ほとんどネギで良かった!と思えるから不思議です。

 

寿司を食べた後の〆として是非ご賞味あれ。

ちなみに、おまかせ握り8貫を2人分とねぎま汁で5,000円ちょうどでした。

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:〒604-8026 京都府京都市中京区米屋町 四条上る米屋町388 河原町通り

営業時間:17:00~22:00(木曜定休)

阪急京都線の河原町駅から徒歩1分です。3A出口が一番近いです。

駐車場

駐車場はありません。近くのコインパーキングを利用しましょう。

と言っても、めちゃくちゃ近い駐車場はないので、車では行きにくいかもしれません。

京都最大級の繁華街である河原町にあるので、基本的には電車で行くのがオススメです。

寿司
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
京都ストーリー