丹波口の『京・朱雀 すし市場』は市場内だけあって新鮮で美味い!

すし市場 寿司

丹波口周辺を散歩していてそろそろお昼・・・というときに偶然『京・朱雀 すし市場』を見つけました。

京都市中央卸売市場の中にあるということで期待する反面、京都だしお寿司は微妙かも・・・という思いもありました。

それが期待を超えてくる新鮮さと美味しさ!

惜しむべくはそれ相応のお値段がすることでした。

ということで、市場内にある美味しいお寿司屋さん『京・朱雀 すし市場』をご紹介します。

スポンサーリンク

京都市中央卸売市場内にある『京・朱雀 すし市場』

2012年オープン

すし市場

『京・朱雀 すし市場』は全国初の試みとして、中央卸売市場(官)において民間の力によって整備した市場関連施設で、2012年にオープンしました。

近くには京都水族館や鉄道博物館があることもあって、官民が協力して、京都市中央市場の新鮮な食材を使用したお寿司を提供して、地域を盛り上げていこうということです。

市場内ということで、早朝は仕事の方で混んでいると思われますが、『京・朱雀 すし市場』が開店する10:30には空きができるので、20台以上を駐車できるスペースも用意されています。

メニュー

すし市場 メニュー

通常メニューも一通りありますが、何と言ってもオススメしたいのは”本日の寿司おすすめ”です。

全国から京都に集った食材を、新鮮なまま提供してくれます。

ただし、メニューを見ても分かるようにそれ相応のお値段はします。

普通の回転寿司屋さんと比べると結構お高めに感じますが、個人的には地元の金沢では回転寿司と言えばこれくらい(もうちょっと安いかも)なので、そんなに違和感はありませんでした。

 

ちなみに、

すし市場

目の前の職人さんに口頭でも注文できますが、全席タブレットも完備されています。

タブレットで注文しようとすると、最初に味噌汁と茶碗蒸しをオススメされました。

これ初めての体験だったので、

僕

さすが関西!

と思いました。

スポンサーリンク

新鮮で美味しいお寿司

本日のオススメ

すし市場

いわし 300円

かつお 360円

活〆天然平目 600円

本日のオススメから選んで食べていきました。

最初は結構これ高いな・・・と思ったのですが、確かに新鮮なネタで非常に美味しいお寿司でした。

本日のオススメのネタは産地とともに紙が貼られていますので、あそこ(産地)から来たネタか~とちょっと感慨深く食べることができます。

妻

京都に来ていちばんおいしいお寿司かも?

というくらいの驚きでした。

細巻きは色々食べられる

すし市場

鉄火巻 180円

納豆巻き 100円

梅ちそ巻 100円

回転寿司の〆に細巻きを食べるという方は多いと思うのですが、ここでは2本(6切)ではなく、1本(3切)です。

ちょっと割高な感じもしますが、色々と食べられるのでこれはこれで良いかもしれませんね。

確かに美味い!けど観光地価格かも?

ということで、2人で11皿締めて税込4,579円でした。

少食の僕たちなので11皿でしたが、もうちょっと食べる夫婦だと2人で6,000円超くらいは行きそうですね。

味も値段も、回転寿司屋さんというより、安めの回らないお寿司屋さんという感じかもしれません。

市場内ということで新鮮さや美味しさを提供するのは素晴らしく成功していると思いますが、観光地価格かもと感じるお値段でした(そんなに観光地にもなっていないのに・・・)。

 

日曜の14時という遅めの時間帯だったこともあるのか、先客は2組だけで、僕たちが食べている間に次のお客は来ませんでした。

もう少し安いならまた行きたいのですが、場所が場所(行きにくい)なのでリピートするほどにはならないということだと思います。

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:〒600-8847 京都府京都市下京区朱雀分木町80

営業時間:10:30~22:00(無休)

JR山陰本線の梅小路京都西駅から徒歩3分、丹波口から徒歩10分です。

Webサイト

公式Webサイト:http://sushi-ichiba.or.jp/

京都市Webサイト:https://www.city.kyoto.lg.jp/sankan/page/0000176539.html

駐車場

市場内に24台ほどの駐車場があります。

お店の目の前のスペースは少ないのですが、お店の北側にある第二駐車場は広いのでこちらを利用すると良いかと思います。

寿司
スポンサーリンク


オススメの記事



シェアする
京都ストーリー