120円パン屋さん!『パンドブルー 堀川今出川店』は地元客に絶大な人気

パン・ベーグル

堀川今出川の交差点から徒歩1分のところにある『パンドブルー 堀川今出川店』をご紹介します。

ここはなんと120円均一のパン屋さんで、普段使いにめちゃくちゃありがたいお店です。

実際、朝~昼まで地元客がひっきりなしに訪れ、夕方になると売り切れが続出してしまいます。

スポンサーリンク

『パンドブルー 堀川今出川店』

お店は小さくてシンプル

『パンドブルー 堀川今出川店』のお店の前の写真です。

右側にあるお店の看板(ペンギン?)がとても可愛く、シンプルな店構えが良いです。

お店の前だけ見ると、ちょっとオシャレでちょっと高いパン屋さんという印象を受けますが、これで120円均一なんだから京都のパン屋さんは本当にすごいと思います。

 

他の120円パン屋さんでは、出町柳の『ボナペティ』も有名です。

出町柳のパン屋『ボナペティ』は120円でコスパ抜群
出町柳桝形商店街や出町ふたばに程近いパン屋さん『ボナペティ』をご紹介します。なんとここ、120円パン屋さんとして超人気なのです(一部のパンは120円以上します)。僕こんなパン屋が近くにあったら、コンビ...

実は、『パンドブルー』も『ボナペティ』も、PETIT BLANC(プティブラン)というパン屋グループの系列店です。

いくつかのブランドでパン屋を展開しているようですが、どこも低価格なのにちゃんと美味しく、普段使いにぴったりです。

姉妹店

『パンドブルー』は堀川今出川店が本店のようですが、姉妹店として京都太秦店もあります。

堀川今出川店の店員さんは男性ばかりでしたが、京都太秦店は公式ブログを女性が書かれているようなので、店員さんも女性の方なのかも。

ちなみに、以前はさらに千本中立売店があったそうですが、2019年8月から『ボナペティ』に変わったそうです。

スポンサーリンク

『パンドブルー 堀川今出川店』のパンを食べてみた感想

店内は売り切れ続出

店内はこんな感じで、40~50種類くらい(もっと?)のラインナップで、どれも税抜112円=税込120円です。

朝~昼はお客さんがひっきりなしに訪れてはパンを買っていくので、夕方には売り切れが続出しており、閉店間際になるとパンがほとんど残っていない状態になっているのをよく見かけます。

公式サイトには、

子供の頃、駄菓子を買いに行く時のような
わくわくした気持ちでパンを選んでいただければ幸いです。

と書かれており、本当にその通りだと思うので、できれば商品がまだ多い午前中、遅くともお昼時には行った方が良いと思います。

妻

120円パンを選ぶ楽しさ!

僕

近くにあってありがたい存在!

惣菜パン各種

どれも120円です。

120円といっても小さい訳ではなく、普通の大きさです。

たぶん『パンドブルー 堀川今出川店』のパンを語るには”普通”というのがキーワードだと思います。

つまり、普通の材料を使って、普通の作り方で、普通の大きさのパンを作っており、それを120円という普通ではない価格で販売しています。

言葉で言うのは簡単ですが、これってすごいことだと思います。

ドーナツ

これも120円です。

甘すぎず、オシャレすぎず、絶妙の塩梅です。

どれを食べても普通に美味しいです。

めちゃくちゃ美味しい訳ではなく、普通に美味しいからこそ、普段使いにぴったりで地元客に愛される存在なのだと思います。

スポンサーリンク

再訪:相変わらず売り切れ続出

焼き立てもある

平日の14時頃に『パンドブルー 堀川今出川店』へと行ってみました。

店内は売り切れ続出しており、お昼にはもうそろそろ遅い時間ながら、お客さんも途切れることなく来店していました。

棚は結構スカスカなのですが、2~3種類は焼き立てが用意されていました。

朝に大量に用意しつつ、途中で焼きたてを補充しているのですが、売れ行きに間に合わないという感じのようです。

惣菜パン各種

ベーコンエッグ 120円

焼き立て!ということで思わず買ってみました。

パンに上にベーコンと卵を乗せて焼き上げたもので、想像通りの味です。

驚きはなく、めちゃくちゃ美味しいという訳ではありませんが、良く言えば安定の味という感じ。

 

ロングウインナーパン 120円

名称は忘れてしまったので適当ですが・・・

写真でも分かるようにロングウィンナーには切れ目が入っていて食べやすいです。

味もまあこれも想像通りの味です。

2つで結構お腹いっぱいになってしまい、改めてコスパの良さを再認識しました。

スポンサーリンク

日常使いで買ったパンをひたすらご紹介!

何度も通い詰めている『パンドブルー 堀川今出川店』のパンをガンガンご紹介していきたいと思います。

せっかくなので個人的なオススメ度を星評価で記載します。

匠バーガー(★★★)

“匠”とついたハンバーガーです。

これはかなりオススメしたい!

中身はこんな感じ。

めちゃくちゃ美味いって訳ではないのですが、ハンバーグが家庭で作ったような安っぽさ(良い意味で)があり、ソースもベタな美味しさで、玉ねぎが良いアクセントになっており、非常にバランスの良い仕上がりだと思います。

僕

120円でこれはかなり満足度が高い!

あんぱん(★☆☆)

見た目は普通のあんぱんで、食べてみた感じのあんとパンもまあ普通なのですが、これは好みが分かれると思います。

というのも、

中にお餅入り!

お餅は好きな僕ですが、あんぱんに入っているのは邪道感があってあまり好きではありませんでした。

デニッシュあんぱん(★★☆)

上のあんぱんが餅入りの変化球だったので、こちらのデニッシュあんぱんの方が普通で美味しいと思います。

野菜サンド(★★☆)

中身は見ての通りで、ちょっとしょぼいかなと思いますが、これ120円ですからね?

コンビニでも野菜サンドは250円~350円くらいすることを考えれば、コンビニよりパンドブルーの方が良いよなあと思います。

味的にはおそらく予想通りで、期待を裏切ることはないです。

妻

でもその安定感がまた良い・・・

たまごサンド(★★☆)

たまごサンドも超普通です。

でも120円なので、コンビニで買うより絶対に良いです。

焼きカレーパン(★☆☆)

カレーパンと言えばカラッと揚げられているのが一般的ですが、パンドブルーのものは”焼き”です。

 

中身はこんな感じ。

カレーはぎっしり入っているとは言い難く、パン生地とのバランスを考えた入りっぷりです。

決して不味くはないのですが、カレーパンなら大正製パン所の圧倒的勝利だと思います。

老舗パン屋さん!『大正製パン所』は昔懐かしの惣菜パンがオススメ
『大正製パン所』はその名の通り大正時代の創業で、約100年もの間、京都で愛されているパン屋さんです。大正時代のことは分かりませんが、雰囲気は昭和のパン屋さんと言えばイメージぴったりだと思います。ここの人気ナンバーワンはカレー...

フィッシュバーガー(★★★)

パンドブルーのバーガー系は当たりが多いと思います。

フィッシュバーガーもバランスが最高に良いです。

このケチャップを少しだけ入れたタルタルソースを考案した人は天才だと思いました。

カスクート(★☆☆)

志津屋の有名なカスクートですが、京都のパン屋さんには結構な確率でカスクートがあります。

京都に来るまでは”カスクート”なんて名前は知りませんでしたが、志津屋発→京都のパン屋に広まるという感じなのでしょうか?

 

パンドブルーのカスクートは、ハムとチーズに加えてきゅうりも入っています。

僕はこのきゅうりも良いアクセントかな~と思いましたが、妻曰くカスクートはシンプルな方が良い!ということで、いまいちな評価にしております。

バジルソーセージ(★★☆)

個人的にはこれかなり好きなのですが、120円パン屋のパンドブルーにおいて、なんと162円なので★2つしておきました(それでも安い!)。

バジルソーセージ自体が美味しく、たぶんどこかから仕入れているのだと思いますが、ちょっとお値段が張っているのでしょう。

冷めていると美味しさ半減なので、熱々に温めて(焼いて)から食べることをオススメします。

米粉パン(★★★)

シンプルなのですが、もっちもちの米粉パンです。

パンドブルーの普通の(小麦の)パンはどこか安っぽさがある感じが否めませんが(だからと言って悪い訳ではないです)、米粉パンはそれを感じさせない仕上がりっぷりです。

妻

これ好き!!

カレードッグ(★☆☆)

ほんのりカレー味のソースがかかったホットドッグです。

もうちょっとカレー感があった方が好みなのですが、これくらいの方が好きな方もいるのかもしれません。

りんごパン(★☆☆)

りんごがゴロッと入ったパンですが、これ系だと、りんごデニッシュの方が一般的なイメージのような・・・普通のパンなところに違和感がありました。

黒豆パン(★☆☆)

思いの外、黒豆がぎっしり入っていて驚きました。

ただ、練乳のような甘いクリームが絡めてあり、これがめちゃくちゃ甘い!

コーヒーがないと食べられないレベルだったので、相当の甘党の方だけどうぞ。

ウィンナーロール(★☆☆)

正直に言うと記憶にないくらい普通でした。

枝豆チーズ(★★★)

これ何となく買ったんだけど、個人的にはめちゃめちゃ好みでした。

味的には想像通りなんですが、チーズのパリパリ感、枝豆のプチっと感、パンのモチモチ感と違った食感が病みつきになって食べ進められます。

クロックムッシュ(★☆☆)

トーストの真ん中に卵が入っているあれです。

クロックムッシュはやっぱりカフェや家で出来たてを食べる方が良いかもしれません。

これも頑張っているとは思うのですが、パンドブルーはやっぱりシンプルなパンが一番かも。

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:〒602-8432 京都府京都市上京区北猪熊町315

営業時間:8:00~18:00(木曜定休)

地下鉄烏丸線の今出川駅から徒歩11分です。

Webサイト

公式サイト:http://www.pin-de-bleu.jp/

PETIT BLANC(プティブラン)店舗紹介ページ:http://www.petitblanc-b.jp/shop_partner.html

駐車場

駐車場はありません。