今出川の『ヤオイソ 烏丸店』でパフェやフルーツサンドを食べてみた!京都のフルーツパーラーといえばココなのかも?

喫茶店・カフェ

明治2年創業の老舗果物店・フルーツパーラーの『ヤオイソ』に行ってきました。

本店は四条大宮にあるのですが、今回伺ったのは同志社大学の北隣にある『ヤオイソ 烏丸店』です。

見た目には昭和感の漂う印象なのですが、いつも店内が混雑していて人気がある様子です。

実際に僕たちが行ってみた日曜15時頃はちょうど満席で、ちょくちょくテイクアウトのお客さんがフルーツサンドを買っていくという状態でした。

ということで、『ヤオイソ 烏丸店』についてご紹介します。

スポンサーリンク

『ヤオイソ』は京都を代表する老舗果物店・フルーツパーラー

本店は四条大宮だが烏丸店も大人気

本店は四条大宮にありますが、こちらの写真は僕たちが行った『ヤオイソ 烏丸店』です。

明治2年創業ということで、120年もの間、京都の老舗果物店・フルーツパーラーとしての地位を守っています。

フルーツサンドが有名で、どちらかと言えば『ヤオイソ』は庶民派、以前にレポートした『ホソカワ』は高級派という棲み分けがあるようです。

▼老舗フルーツパーラーの『ホソカワ』について詳しくはコチラ

老舗フルーツパーラーの『ホソカワ』でパフェ!甘いスイーツで癒やしのひととき
京都の老舗フルーツパーラーとして人気のある『フルーツ&カフェ ホソカワ』に行ってきました。定番のフルーツパフェ「ローズ」は良いと思いましたが、季節のいちごパフェは正直言って期待していたほどではありませんでした。京都人には人気...

店内は女性で満席

以前に『ホソカワ』に行ったときはガラガラだったのですが、こちらの『ヤオイソ 烏丸店』は満席の人気っぷりでした。

フルーツパーラーということで仕方ないかもしれませんが、お客さんはほぼ女性で、その他はカップルという感じです。

僕

男だけでフルーツパーラーに行ってもいいじゃないか!

とは思うので、男子諸君も恐れずに突撃してみてください。

メニュー

『ヤオイソ 烏丸店』に行ってみてまず思ったのは、メニューがめちゃくちゃ豊富であること。

フルーツパフェは小ぶりの700円から、大きめの1,050円、メロンを使った1,550円のものまで幅広いラインナップです。

それだけでなく、フルーツサンドについても、フルーツの大きさや種類で色々あります。

季節のフルーツサンドとして、

  • マンゴー(5月~夏頃)
  • 桃(7~9月頃)
  • いちじく(6~10月末)
  • 柿(10~11月)
  • いちご(11月末~春頃)

があるそうなので、季節ごとに来店して味わいたくなります

 

さらに気になるのがこちら。

お得なセットメニューというものがあり、フルーツサンドにミニパフェやドリンクがつきます。

特に女性はこのセットメニューには目がないと思います。

即決した僕に比べて、妻にしては珍しくメニューを見てめちゃくちゃ迷っていました。

僕

季節のフルーツパフェ

妻

セットメニューがいいけど、これのどれにしよううう

スポンサーリンク

『ヤオイソ 烏丸店』でパフェやフルーツサンドを食べてみた感想

季節のフルーツパフェ

季節のフルーツパフェ 1,050円

上に乗っているのは、グレープフルーツ、パパイヤ、パイナップル、メロン、チェリーです。

中にはイチゴとバナナと黄桃(?)が入っていました。

僕

どれが季節のフルーツなんだろう?
旬なのはイチゴだろうけど下にちょっとあるだけだし・・・

※このときは3月です。

 

店内のショーケースにはパパイヤが山積みだったのですが、旬は夏のはずなのです。

また、パイナップルはわざわざ”完熟”と書いてある店内ポップがあったので期待したのですが、”完熟”には程遠い普通のパイナップルだったのも残念でした。

 

と、文句ばっかり言っているようになってしまいましたが、総合的にはフルーツの種類が豊富でどれも美味しいです。

メニューの名前を”季節のフルーツパフェ”ではなくて、普通に”フルーツパフェ(大)”とかにすれば変な疑問をもたずに食べられると思うのですが・・・。

特に冬はイチゴくらいしか旬っぽくないですし。

ミニパフェセット

ミニパフェセット 1,150円

フルーツサンドに加えてミニパフェとミックスジュースもついてくるというセットです。

見た目も華やかでテンションが上がること間違いなしです。

妻

フルーツサンド意外も食べられてお得!

僕

フルーツサンドうまい!

フルーツサンドにミックスジュースってどうなの?とは思いましたが、どちらも美味しく、フルーツパーラーを満喫している気分になるのでオススメです。

ちなみに、コーヒーは無いそうで、セットで選べるドリンクはミックスジュースor紅茶(レモンかミルク)でした。

フルーツサンドについて思ったこと

東京に居た頃はフルーツサンドといえば『サンドイッチハウス メルヘン』だったのですが、京都の高島屋の『メルヘン』はパンがパサパサで残念すぎたことがありました。

そこで思ったのは、やっぱり回転率が高くないとダメなんだということです。

フルーツサンドは時間が経つと、パンが外側はパサパサで、内側は水分を吸ってぐちゃぐちゃになるので美味しくありません。

回転率の高いお店で出来立てを食べることこそ正義なのです。

その点、『ヤオイソ 烏丸店』は人気店でフルーツサンドの回転率も高いので、ほぼ出来立てを食べられるので美味しいです。

なので京都でフルーツサンドを食べるなら『ヤオイソ』をオススメします。

スポンサーリンク

再訪:フルーツサンドをテイクアウト

再訪してフルーツサンドと季節モノのいちじくサンドをテイクアウトしてみました。

フルーツサンドは作り置きでしたが、いちじくサンドはじめ数種類はどれでもすぐ作りますよ!という感じで対応いただきました。

個人的にはいちじくは結構好きなんですが、それでも普通のフルーツサンドの方が美味しいと思いました。

僕

やっぱりバランスがいいのかも

フルーツサンド

フルーツサンド 700円

前回は店内飲食でミニパフェセットに少しだけついてきたフルーツサンドでしたが、今回は箱入りでがっつり買ってみました。

 

開くとこんな感じ。

よく見ると、前回のミニパフェセットについてきたフルーツサンドはパン3枚で1セットになっていたのですが、テイクアウトのフルーツサンドはパン2枚で挟んだものになっています。

こっちの方が食べやすいので良いと思います。

中身のフルーツは少しずつ違うのですが、キウイ、いちご、メロン、パイナップル、マンゴーが入っていました。

この少しずつ違うというのがポイントで、甘みと酸味のバランスが少しずつ違ってきて飽きさせない美味しさです。

いちじくサンド

いちじくサンド 1,050円

個人的にいちじくが好きなので、秋の限定のいちじくサンドも買ってみました。

フルーツサンドが700円なので、1.5倍くらい高いです・・・

 

中身はこんな感じで、見た目にはドーンといちじくが入っているようですが、食べてみるとイマイチ物足りないような気もしました(いちじくの甘みがイマイチだったかも)。

そして何よりこれだけあると飽きる・・・。

1人1個なら良いと思いますが、2人なので3つずつ食べると最後の方はもう飽きてきて、普通のフルーツサンドで良いねみたいな感想になりました。

こういうのは大人数で食べるとき用に買うのが正しいのだと思います。

妻

次回は普通のフルーツサンドにしよ!

スポンサーリンク

アクセス

基本情報

住所:〒602-0023 京都府京都市上京区御所八幡町104

営業時間:10:00~17:00(無休)

地下鉄烏丸線の今出川駅から徒歩2分です。1番出口が最寄りです。

Webサイト

公式サイト:http://yaoiso.com/

駐車場

駐車場はありません。

店の前の烏丸通りは片側2車線なので路駐ができないことはないですが、駅近なので電車で行く方がいいと思います。